ニキビ予防

ニキビ跡を作らないために!ニキビはきちんと治しましょう!

肌にニキビができると、キレイに治さなければ、ニキビ跡ができます。
これは、切り傷などをした時と同じで、傷ができて、かさぶたなどを無理にはいだ時に、傷跡として残りますよね。
ニキビ跡も同様で、きちんと治さないと、シミやアザ、赤みが肌に残ります。

ニキビの原因は、顔の頬やおでこなどの毛穴に皮脂や汚れとアクネ菌が付着してできます。
角栓のように蓋ができることで、固くなります。

一度できたニキビは、軽いものですと、洗顔とケア(化粧水や保湿)で治りますが、ひどくなった場合は、病院、皮膚科に行き薬で治療をしましょう。
そして、きちんとニキビは治してください。

もしニキビ跡が目立ってしまうという場合(凸凹やクレーター)には、自宅ケアは諦めて、病院や皮膚科に行きましょう。
ケミカルピーリングやレーザー治療をすることで、キレイに治ることがあります。
また、最近の治療では、皮膚再生や皮膚培養の方法で肌専門の美容治療もあります。

その後のスキンケアは、毛穴詰まりを起こさないよう保湿たっぷりのケアと肌荒れに気をつけてください。
肌荒れは、水分が極端に減少している状態で、乾いていると感じると、皮脂分泌を盛んにして、ますますニキビができやすくなります。

ニキビに関しては、自分で無理に治そうとすると、ニキビ跡ができやすくなります。
自分でニキビを治すように簡単に消えないので、ニキビができたらきちんと治すことを心がけてくださいね。
特に顎ニキビに関しては、ニキビ跡ができると見た目もキレイではないです。