ニキビ予防

ニキビ跡を作らない!最新美容治療は案外と大変かもね!

ニキビ跡の治療は、その性質によっても変わります。
病院や皮膚科では、クレーターやくぼみのあるニキビ跡を診たとき、原因を探ります。
皮膚の下の組織の原因によって、治療が変わります。

皮膚科に行くと、レーザー治療が主なものと考えがちですが、色素沈着の恐れもあるとされ、慎重な医師も多いです。
その他の美容治療として、皮膚組織を移し替える皮膚培養、皮膚再生などの最新式の技術もあります。
1時間ほどの手術で、肌へのダメージも最小限度に抑えることができます。

たかがニキビと思いますが、結構大変なことなんですね。

ニキビは毛穴に角栓ができ、その時にアクネ菌が付着することでできます。
最初は赤みが出て痛みが出ますが、ピーリング石鹸を使ったり、スキンケアを気をつけることで、そのままなくなってしまうこともあります。

肌質が脂質の方はTゾーンなど手にできやすいのですが、顎ニキビなどは、ストレスや生活習慣等ホルモンバランス異常が原因だと言われています。
どちらも毛穴詰まりが原因ですから、洗顔からのスキンケアを見なおしたり、ストレス等をためないことが必要です。

高校生の頃にできる思春期ニキビ、大人になってからの大人ニキビ、両方共に、正しい治療をすることが大切です。
ニキビで病院に行くのはオーバーだと思うのですが、皮膚病の一つとして考えたり、嫌なニキビ跡ができることを考えると、皮膚科で治すのが理想ですね。

最新医療でキレイに治すとしても、ニキビ跡を作らない生活をすることが大切かもしれませんね。